イバラキ向上委員会

イバラキ向上委員会は、茨城県の魅力を発信するとともに働く女性を応援するサイトです。

2018年10月開院!! さくらがわ地域医療センター  周辺の再開発にも期待!

2018年10月に「さくらがわ地域医療センター」が開院します。

 

新病院が開院することで、周辺地域の再開発も行われるようです。

f:id:c6amndbgr3:20180708220629p:plain

さくらがわ地域医療センター公式ホームページより引用

就職活動中の身としては、新しい病院の同行をチェックしておきたいところです。

 

今回は、さくらがわ地域医療センターについてレポートしたいと思います。

 

さくらがわ地域医療センターとは??

桜川市が整備した病院で、

指定管理者として民間の「医療法人隆仁会」により運営されます。

 

医療法人隆仁会は、旧岩瀬に「山王病院」を運営しています。

 

同時期に筑西市に開院予定の

2次救急完結病院「茨城県西部メディカルセンター」の後方支援病院として1次救急を対応するそうです。

その他、病院内に検診センター、訪問看護ステーションを併設していることも、この病院の特徴です。

 

診療科目(予定)

内科、外科、整形外科、小児科、眼科、泌尿器科、耳鼻咽喉科

脳神経外科、皮膚科、検診センター・訪問看護ステーション(院内)

 

病床数

128床

・一般:80床(地域包括ケア病床20床)

・療養:48床

 

駐車場の規模

駐車場:423台

 

さくらがわ地域医療センターの場所は??

住所:茨城県桜川市高森地区

アクセス:水戸線大和駅から 徒歩2分

     北関東水戸「桜川筑西IC」から車で5分

 「桜川筑西IC」、国道50号線からのアクセスが非常に良い立地です。

 

さくらがわ地域医療センターのフロア概要

3階

・病棟(療養48床  × 1病棟)リハビリテーションセンター

・屋外リハスペース設置管理部門

・職員スペース(職員食堂、図書室、会議室)

2階

・病棟(一般病棟40床  × 2病棟)

・各病棟カンファ室設置、手術室(3室)中央材料室

1階

・総合受付、会計、売店カフェ

・診察室(18室)、緊急外来、中央処置室、放射線部門、検査部門、薬局、調剤室う、地域医療連携室、訪問看護ステーション、健診センター、託児所

 

現在の工事進捗は??

2018年7月7日の現場状況です。

f:id:c6amndbgr3:20180708220044j:plain

2018年7月7日撮影


建物の工事は終わり、内部の仕上げ工事、外構工事中でしょうか。

 

↓こちらのリンクから、着工からの進捗の様子が確認できます。

新病院「さくらがわ地域医療センター」建設工事の状況 | 桜川市公式ホームページ

  

 

周辺の再開発の計画

医療センター周辺では、

今後商業施設や娯楽施設、温浴施設、公園、住宅などの整備が予定され

新しい街として開発される一大プロジェクトとされているようです。

 

今の建設地周辺は、山の中といった感じですが、

北関東道IC、国道50号線からのアクセスも良いです。

 

地域の利便性が高まることは、非常に喜ばしいことです。

 

 周辺の開発状況についても今後リポートしていきます  ♪( ´θ`)ノ

 

 10月1日ついに開院!

そんな注目を集めるさくらがわ地域医療センターですが、

10月1日に開院しました。

最近地方で増えている訪問介護も行なっているようですね。

 

病院、そして周辺地域がどのよう発展をしていくのか

今後の動きが気になるところです。

 

働いている方の評判

私は、現在看護学校に通っています。

同級生の山王病院に勤務している方から聞いた話ですが、

雰囲気が明るくて働きやすい環境らしいです。

 

茨城県内で看護師として勤務しようとされている方は、チェックしておくと良いかもしれませんね。

 

看護師・看護学生のためのレビューブック 2019

看護師・看護学生のためのレビューブック 2019

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆彡

さいごまで閲覧頂きまして、

ありがとうございましたm(_ _)m

 

この記事を書いた人

イバラキ向上委員会について

私がブログを書く理由 茨城県がこれから注目される理由 実は将来性の塊

イバラキ向上委員会のメインカテゴリー☆彡

☆  TOPへ戻る                        ☆「暮らしのこと」へ戻る    

☆「遊びのこと」へ戻る   ☆「食べること」へ戻る